おまとめローンを利用するメリットとデメリット?

複数の金融機関から借り入れをして、最初はがんばって返済をしていたものの、生活が苦しく、何とかしたいと悩んでいる多重債務者は、たくさんいるはずです。
その場合、選択肢として考えられるのは、おまとめローンを利用して借金の一本化をはかり、月々の返済額を減らすことか、債務整理でしょう。

 

おまとめローンを検討できる余力があるなら、債務整理の中でも「任意整理」を選ぶことが多いはずです。
では、どちらが自分にとってプラスが大きいのかを、考えてみましょう。

 

まず、おまとめローンを利用するメリットとしては、小口で複数借りていた借金を一本化することで、月々の返済額を減らしたり、金利を下げられる可能性があることです。
複数あった返済先を一つにすることで、返済の手間も省けます。

 

ですが、借入先や返済方法によっては、月々の返済額が低い分、返済期間が長引き、結果的に返済総額が多くなるというデメリットもあります。
そして、借金の一本化は借入総額の減額にはならないことも、きちんと理解しておく必要があります。

 

任意整理をするメリットとデメリットとは?

では、債務整理について考えてみましょう。
債務整理には、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4つがありますが、おまとめローンを検討できるなら、中でも「任意整理」がおすすめです。

 

任意整理とは、弁護士や司法書士に依頼することで、債権者と話し合い、利息のカットや借金の減額について話し合い、その後の返済について取り決めをする方法です。
任意整理をするメリットとしては、自己破産や個人再生のように官報に掲載されたり、自己破産のように資格制限を受けずに、債務を圧縮できる可能性が高いことです。

 

そして、任意整理をする際は、話し合う債権者を自分で決めることができます。
保証人がついている借り入れはそのまま継続しながら、その他の金融機関とだけ交渉することもできるのです。

 

とはいえ、任意整理は金融業者にとっては事故情報なので、個人信用情報機関に履歴が残ります。
そのため、その後5〜10年は新たな借り入れができない、クレジットカードが持てない、ローンの審査に通らないなどのデメリットがあります。

 

おまとめローンと違って、借金は残るにせよ、金利がカットされ、返済総額が下がるのは大きなことです。
自分の経済状況を考え、どちらが得策か、十分に検討しましょう。

 

楽天銀行カードローン

  • 金利:1.9%〜14.5%
  • 限度額:800万円
  • 特徴:楽天市場でお馴染みの楽天グループの銀行カードローン。

詳細はこちら

おまとめローンの申し込みをする前にランキングをチェックしよう!

アコムの借換え専用ローン

  • 金利:7.7%〜18.0%
  • 限度額:300万円
  • 特徴:金利面では銀行にははるかに及ばない。しかし、おまとめローンを段階的に考えるのであれば、アコムでまとめた後に銀行での借り換えをすれば最終的に低金利でのおまとめローンが可能。

詳細はこちら

おまとめローンの申し込みをする前にランキングをチェックしよう!

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝える事!